こむぎってどんな穀物だろう。14

このような、こむぎ栽培に適していない地域でも、高品質で多収を実現するために、品種改良は続けられています。いいこむぎをたくさん育てていただき、たくさん食べていただく事が出来ればいいなと願ってます。そのお手伝いをするのが製粉メーカーだと考えております。