小麦粉ってなんだろう。7

出来るだけ、外皮を取り除くようにして製造した小麦粉は「1等粉」と呼ばれます。日本では「より白い小麦粉が上等」との価値観が根強く、高い価格で販売されます。(取れる量も少ないので)
逆に、外皮の混入率が高くなり、白さが下がっていくと「2等粉」「3等粉」といわれ、価格も下がる傾向になります。
※実際は、外皮の混入を100%防ぐことはできませんので、「混入率の低さ」と「色の白さ」の相関関係を表しているのが「灰分(かいぶん)」という数値になります。